フォトアルバム

最近のトラックバック

フォトアルバム

Powered by Six Apart

お出かけ・旅 Feed

2008年7月28日 (月)

岸和田港まつり

Img_1492今年も花火の季節がやってきた。

7/26土曜日の夜、泉州では唯一の花火大会である「岸和田港まつり」。

数年前まで泉南やりんくうでもやっていたのだが、いつの間にかなくなってしまった。

この岸和田だけは私が子供の頃からずっと続いている。

Img_1496

今回もりょうたを連れて行ってきた。

間近で見れるので迫力満点!

夏はやっぱり花火やね。

Img_1516

それにしても花火の写真は難しい。

一眼レフは持っていかなかったのでIXYで撮ったのだが、ほとんどが手ぶれ。

やっぱり一眼持っていけばよかった。

2008年7月23日 (水)

久多の里オートキャンプ場②

Imgp1377 翌日朝事件は起きた。それは7時半頃のこと。嫁に「ココがおれへん!」と起こされる。今までもずっとキャンプには連れてきていて、いつもテントの中に入れて一緒に寝ていたのだが、今回はもう大丈夫やろうと思い、荷物の中で一番重いクーラーBOXにつないでタープの中に入れて寝た。前日、ココも疲れていたのかぐっすり眠っているのを確認してからテントに入ったのだった。一瞬誘拐されたか、それとも逃亡したのか?などといろんなことが頭をよぎる。人懐っこくて吼えない犬なので、もしかして連れて行かれたのかと本気で思ったりした。生まれて1ヶ月で我が家に来てから家族同然に暮らしてきたココは、私にとって娘のようなものでただのペットではない。とにかくタバコを1本吸って気を落ち着かせてから、キャンプ場内を探しにでかける。しかし呼べど叫べど返事はなく、いったん戻って嫁と相談してから再度探しに出る。「ココが見つかるまで帰られへんなぁ」とか、「ほんなら明日の仕事どうしようか」とか、「それよりほんまにこのままおらんかったらどうしよう」などと本気で考えながら名前を呼び続けた。とそこへ嫁が走ってきて「おったで!」と嬉しそうな顔。なんと3軒隣のキャンプサイトの車の下に、クーラーBOXを引っ張ったままもぐりこんで出てこれなくなっていた。嫁がいくら呼んでも出こないので私を呼びに来たのだった。私が車の下を覗き込んで呼ぶとようやく震えながら出てきた。たぶん出れなくて怖かったのか、それとも怒られると思ったのかどちらかだろう。いったいココの身に何が起こったのか聞くすべもないが、朝起きて全く知らない所で家族の誰もいなくて、私達を探しに出かけたのだろうか。とにかく見つかってほんとに良かった。

Imgp1324 その後簡単に朝食を取ってから昨日と同じ川へ再び遊びに行く。無理やりココを川に入れたけどやっぱり水は苦手のよう。すぐに水から上がろうとし泳ごうとはしない。まぁそういう犬もいるやろう。

ひとしきり遊んでからキャンプの撤収。11時半にはキャンプ場を出発する。帰りは渋滞を覚悟して出たのだが予想外に空いていて、ノンストップで走ったら2時には家に到着。

ココの行方不明事件など色々あったが楽しい2日間を過ごせた。やっぱりキャンプは楽しい。盆休みにはもう一度行こうかと考えている。今度はどこへ行こうか。

久多の里オートキャンプ場①

我が家の夏キャンプのテーマはズバリ「避暑」。山間の涼しそうな所と決めている。今年はゴールデン・ウィークに行けなかったので、去年の夏以来になる。今回は連休を使った1泊なので奈良あたりの近場でと思っていたが予約でどこもいっぱい。結局京都市北部、滋賀県との県境にある久多の里オートキャンプ場に決定。ちょっと遠いけどうまくいけば3時間で行けそうだし、すぐそばに川があり杉林に囲まれていてなかなか涼しそう。やっぱりは夏は涼しい所に限る。

朝9時出発の予定がちょっと寝坊してしまって9:45頃出発。前日に買出しができなかったので途中食材の買出しを簡単に済ませて一路目的地へrvcar。阪神高速から豊中で名神に乗り換え京都東で一旦降りて湖西道路に乗り換え。がここで最初の渋滞。京都東の降り口から湖西道路に乗るまで30分ほどかかる。湖西道路に乗ってからは順調に行くかと思いきや途中わけのわからない渋滞が発生。いつの間にか流れ出して現地に到着したのは1時半頃。ほぼ3時間半かかったが途中の渋滞を考えればまずまずかな。

Imgp1373_2 テントサイトは周りを杉林に囲まれて昼間でもほとんど日が当たらず涼しい。ただサイトの広さは十分やけど隣とは結構接近しているのがちょっと気になったかな。けど静かできれいないい所です。完全に整備された高規格のキャンプ場ではなく、かといってほとんど自然のままというわけでもなく、我が家ぐらいの初級を卒業したレベルにはちょうどいいキャンプ場だと思う。

さて到着後はさっそくテントの設営。もうすっかり慣れたので一人でやっても20分ほどで完了。その間に嫁が遅い昼食の準備に取り掛かる。昼食はオレンジと一緒に昆布だしで煮込んだチキンとジャガイモに焼きおにぎり。オレンジの風味が程よくきいてうまかったなぁrestaurant

Imgp1328 昼食後はすぐそばの川でココも連れて水遊び。しかしりょうたもココも実は水が怖くて入れない。ほんとに浅瀬でチャプチャプするだけ。りょうたはともかくココは犬のくせに水が苦手ってどういうこと?まぁいつものことやけど。それはともかく、川はやっぱりきれいで結構冷たかった。足だけつけていてもかなりひんやり。この付近は鮎釣りもやっているようでやはり水がきれいなんだろう。

Imgp1371_2 川から帰ってキャンプでのもうひとつの楽しみである近くの温泉へ。近くといっても車で30分ほどかかるが、やはり温泉には入りたいので朽木村の「グリーンパーク思い出の森」へ。汗も流してサッパリしたので、さぁこれから帰って晩飯やぁと思って車を走らせたら、途中から大渋滞。そういえば行きの途中で山崩れがあって迂回道路を通ってきたのだが、きっとあれやろなと思いつつもどうしようもなく、結局帰りは1時間15分もかかってしまった。遅くなってすっかり暗くなってしまったので慌てて夕食の準備。といってもバーベキューなので焼くだけやけど。ダイエットをずっと継続してるがたまにはええやろと、久しぶりに肉をたらふく食べた。やっぱりキャンプのバーベキューは最高bleah

Imgp1364_2 夕食後はりょうたのちっちゃな花火大会。前日の保育所の盆踊りでもらった花火やけど、りょうたはこれぐらいでも大喜び。キャンプはたいへんやけど、こんな時来てよかったとしみじみ思う。

その後全員疲れきって、テントに入ると即効で寝てしまう。が朝方寒くて目が覚める。やっぱり寝袋持ってきてよかった。ここは真夏でも寝袋必要。寝袋を出してまだ4時半頃だったのでまた寝てしまう。その後たいへんな事件が起こるなんて思いもせずに・・。

2008年5月 6日 (火)

りんくうでバーベキュー

Dwfomkvh_s連休最後の今日は4日に引き続きまたしてもバーベキューsmileりょうたと嫁と3人で近くのりんくう公園に行ってきた。
思っていたほど暑くなく、海風がちょうど気持ちよかった。

Fuyiw0nf_s おとついのバーベキューはオーソドックスに焼肉と焼そばだったので、今日はねぎま、イカ、ホタテの串ものとスペアリブなど。海岸で食べるのもなかなかいい気分。真夏は暑くて無理やけど、今の時期はちょうどいい。しかし3人だと誰もアルコールを飲まないので食べ終わるのが早い早いsmile

C9kxhmlo_s ここりんくう公園の海岸ははマーブルビーチと言って白い玉石が敷き詰められていて砂浜がない。その海岸でりょうたとボール遊びをしたのだが、地面が玉石でデコボコしているのでまっすぐ転ばず、どこへ行くのかまったく予想がつかない。それが面白くて、りょうたは大喜びだったsmile。目の前には関空が見えてロケーションもよく家から近いこともあって、お気に入りの場所になりそうだ。

2007年12月17日 (月)

りんくうシークル

Ssbakcqr 昨日泉州に新しくできたりんくうシークルに行ってきた。長い間更地のままだったりんくうタウンの跡地で、向かいにはりんくうプレミアム・アウトレットがある。先週オープンしたところなので駐車場もいっぱいかなぁと思っていたが、それほどたいしたことはなかった。今回の第一の目的は、無料で行われる「仮面ライダー電王ショウ」。この類のイベントにりょうたを連れて行くの初めてで、それはもう大喜びだったsmile。第二の目的はここの目玉の大観覧車。写真はその時のもの。観覧車もりょうたは初めての体験で、これも大喜びsmile他にも子供向けのアミューズメントがあって、なかなか楽しめそうだ。ただ入っている店はたいしたことなかったなぁ。どちらかと言えば地元のショッピング・センターって感じの店が多かった。そう言えばスーパーのマルナカも入ってたし。まぁ向かいにブランドばかり入っているアウトレットがあるので、差別化しているのかもしれない。

それにしてもこの数年、泉州の湾岸エリア開発はすごい。最初にできたりんくうタウンはあっという間に潰れてしまったが、その後のりんくうアウトレット、岸和田のベイサイド・モール、泉南のイオン・ショッピング・モールなどは成功してるし、このりんくうエリアだけでもヤマダ電機、スポーツ・デポ、ニトリが大きい店舗を出している。泉州に住む者にとっては便利このうえないのだが、こうなるとますますミナミやキタに行くことはなくなってしまう。まぁほんとは嬉しいんやけど。

2007年11月 3日 (土)

栗拾い

Cpuanc2p 連休初日、能勢の栗栖山栗園錦亭に栗拾いに行ってきた。実は私自身生まれて初めての栗拾い。もちろんりょうたも初体験。ここはこの旅館所有のほんとに普通の栗山で栗拾いをさせてくれる。受付の後、旅館の車で2〜3分位の麓まで送迎してくれて、後は山の中は自由。といってもかなりの急勾配。カメラを忘れたので写真は撮れなかったが、りょうたにはかなりきつい。ちゃんとした道もないし。栗拾いってこんなもんなんかなぁ。

時期的にもう終わりかけだったが、それでも手渡された網(約1kg)いっぱいは楽に採ることができた。それに普段食べているのとは比べ物にならないほどでかいsign01記念の為にと思ってひとつだけイガ付のを持って帰ったが、写真の左の栗で4cm強。ほとんどが4〜5cm位の特大栗だった。うまいんやろなぁ、楽しみsmile。詳しくは知らんけど、栗で有名な丹波に近いだけあって、能勢の栗もおいしんやろうな。

ダイエット中やけど、食べるよーsmile

2007年8月15日 (水)

みぼろ湖畔キャンプサイト

5年ぶりに連休が取れた今年の夏休み。2泊キャンプで遠出をすることになって、行ってきたのは飛騨・高山地方の荘川というところにあるみぼろ湖畔キャンプサイト。その名の通りダム湖の御母衣湖畔にあるキャンプ場で、適度に自然も残っていていいキャンプ場だ。特に今回とったBサイトは各サイトがそれぞれ木に囲まれていて、かなり涼しい。設備棟もわりと新しくてきれいだった。いやぁ、でもやっぱり遠かったsmile

朝7時に出発して途中休憩1度だけで、キャンプ場に行く途中の郡上八幡に着いたのが昼の1時半頃。名神は途中京滋バイパスを使ったのでほとんど渋滞はなかったけど、一宮から分岐している東海北陸道が所々1車線しかなくて大渋滞。この時期はやっぱり仕方ないかも。
Umbzwcuf_s 郡上八幡で昼食をとってから古い町並みをブラブラ散策。その後向かったのは郡上八幡城。木造再建城としては日本最古だそうで、石垣は当時のものがそのまま残っている。ココを連れていたので天守閣には登れなかったのが残念だったが、なかなかきれいな城だった。また、去年の大河ドラマ「巧妙が辻」の影響だろうが「山内一豊の妻千代は郡上八幡の出身」といたるところで宣伝していた。もっとも近江出身の説もあって、どちらが正しいか決着はついていない。

その後郡上八幡から1時間ほどで荘川のキャンプ場に到着。テント設営で汗をかいた後、荘川温泉「桜香の湯」へ。近くに温泉があるのは非常にありがたい。ここは珍しく道の駅と隣接していて、足湯は無料で開放していた。露天風呂もあっていいお湯だったsmile

T4zi72cl_s 夕食はスペアリブと野菜スープ。今回は以前から欲しかったツーバーナーを夏のバーゲンで安く手に入れたので、料理はとても簡単にできた。炭火だけだと時間はかかるは一度に複数の調理はできないはで、今までほんと困っていた。買ったのはアルペンのオリジナル、サウスフィールド7000CB。 カセットボンベのガス式で初心者にも扱いやすく、燃料も手に入れやすいのがいい。ツーバーナーで5990円は安すぎsmile

Ohd5w8hy_s 翌日は早めに起きて朝食をとった後白川郷へ。世界遺産はやはりさすが。ただ思っていた以上に観光化されすぎているのがちょっと残念と言えば残念。自分もその観光客の一人なので複雑な気持ちではあるが。それにしても今もここの人たちは普通にこの合掌作りの家に住んでいるというのが凄い。

Ekwbpsc8_s ちょうど昼になったので、荘川に戻って蕎麦を食べる。キャンプ場の近くで初日に偶然見つけた蕎麦屋「荘川山荘みしま」。後で知ったのだが、荘川という所は信州に負けず劣らず蕎麦の名産地らしい。地元の蕎麦を石臼で挽いた手打ち蕎麦は絶品。わさびも生わさびを自分でおろすので香りが全然違う。意外だったのが、つゆ以外に天日塩をかけてそれだけでいただく食べ方。どっちもほんまにうまかったなぁsmile

この日は早めにキャンプに戻って、夕食は近くのスーパーで仕入れた飛騨牛でバーベキュー。スーパーで買ったのでどうかと思ったが、けっこういけた。やっぱり輸入肉とは全然違うわ。夕食後昨日と同じ温泉へ。風呂に入った後は花火で遊ぶ。疲れたので早くに就寝。

Oy5khhic_s 最終日は朝食後すぐさまテントを撤去し、10時前にはキャンプ場をチェック・アウト。そのまま近くの荘川の里へ。ここにも合掌造りの家が保存されているが白川郷のように現地に保存されて人が住んでいるのではなく、移築されたもの。しかし観光客は少なくゆっくり見れるのがいい。川も流れていて、川遊びや釣りもできる。

帰りは渋滞に巻き込まれるのを避けたかったので、11時半に荘川ICに乗って東海北陸道を走って一路大阪へ。多賀SAで昼食・休憩し、自宅に到着したのは4時過ぎ。渋滞もほとんどなく快適に帰ることができた。

今回初めてキャンプで2泊したが、やっぱり1泊と違ってゆっくりできる。おいしい蕎麦を食べれたし、白川郷も初めて見ることができたし、楽しいキャンプだった。道具もこれでほぼ揃ったので、また近いうちに行こうと思う。連休はなかなか取れないので2泊は無理だが、近場で1泊ならすぐにでも行ける。次は天川村に行きたいな。

2007年5月22日 (火)

下市町やすらぎ村

連休後も多忙な日が続き更新もなかなかできない日が続いたが、そんな中1泊キャンプを強行。仕事の予定が前日までわからず休みも取れなかったので、行くことに決めたのが前日の午後になってから。しかし連休中とは違いほとんどのキャンプ場は空きが目立ち難なく予約は取れた。今回の行き先は奈良の下市町やすらぎ村。町営なのでリーズナブル(車1台と親子3人でなんと2,900円!)で、時間的にも高速なしで3時間ほどで行けそうなのでココに決める。
Shs63gja_s 結局土曜は昼で仕事が終わったので速攻で帰宅し、大急ぎで積み込みをして家を出たのが2時半頃。途中足らない物をホームセンターで買いキャンプ場に着いたのがちょうど夕方5時。左の写真は着いた時に撮った写真。前回の反省(一眼を持って行ったので)もあり今回は気軽に撮れるIXYで撮影。それにしてもめちゃくちゃ山の中やsmile


Hgxeyqtp_s 実際に来るまでは、町営なのでどうかと思っていたが以外ときれいで安心。そして驚いたのが私たち以外誰もいない!3人と1匹で貸切状態なので、本来はペットはリードでつなぐのがどこでもルールだが、特別に放し飼いにさせてもらう。おかげでココは大喜びsmileただひとつ難点は地面が固い!普通のペグしか持っていなかったので、テントを張るのにかなり苦労した。次からは固い地面用のペグも準備しておかないと。

夕食は簡単に定番のバーベキューなので、持ってきたのはロゴスのピラミッドグリルのみ。1回目のキャンプから愛用しているお気に入りで、焚き火・バーベキュー・ダッチオーブンと1台3役の優れもの。これ専用の囲炉裏テーブルというのもあって、いつかは欲しいなぁと思ってる。それと今回痛感したのが、バーナーがないと非常に不便だということ。キッチンがあるキャンプ場は借りることができるのでいいのだが、ここのようにない所だとお湯を沸かすのも炭火なので時間がかかる。やっぱり食後のコーヒーは欠かせないし。ということで現在ツーバーナーを物色中。

Clpyxya2_s 翌日は朝食を簡単に済ませ早々にテントの撤収。その後川原に下りてりょうたと水遊び。その頃になってようやく日帰りキャンプらしき人が何人かやってくる。水はさすがに冷たく、当たり前だが見ての通りめちゃくちゃきれいsmile

B2qrv7rj_s ちょっと無謀かなと思った今回のキャンプだったが、やっぱり来てよかった。りょうたもすっかりアウトドアが気に入ったみたいだし、ココも一緒に来て嬉しそう。何より自分自身、心が洗われるようで気持ちがいい。時間に追われ余裕のない時こそ、こういう時間が必要かもしれない。

2007年5月 7日 (月)

連休遊び三昧〜トミカ博の巻

予定では6日に行くはずだったトミカ博。仕事が入ってしまい、仕方なく5日に行くことになった。(結局その日の夕方に、6日の出勤はなくなったと連絡が入る)
Bep2celq_s 会場に入るとまず目に付くのがこの「TDMパトロールカー 」。TDMとはトミカドリームモータースの略で、トミーのバーチャルカンパニーとして未来のクルマ社会を考える会社だそうだ。実はこれのミニカーが入り口で記念品としてもらえる。りょうたはこれを「変なパトカー」と呼んでいるwink


中に入るとまさにトミカだらけ(当たり前やけど)。りょうたはあっちに走りこっちに走りとおおはしゃぎであった。実はトミカが一番お気に入りのおもちゃで、家にもすでに30台か40台はある。しかもそのほとんどが普通車ではなく特殊車両。パトカーから始まって消防車、救急車、工事車両など・・・。中でも最近のお気に入りは、なぜかゴミ収集車。この日もそういう特殊車両ばかり見つけては喜んでいた。

Ifijfxry_s これは入り口で買ったビニールのポーチみたいなもの。子供用で首からぶら下げるようになっている。いまいち使い道がよくわからないが。他にも有料のアトラクションが色々あったりしたが、りょうたにはまだ無理なものばかりなので、トミカを買って会場を出た。

ところで初めて行った感想を少し。実際に行ってみて思ったのだが、最初は子供の為にと思って行ったものの結構私自身も楽しかった。子供の頃、自分も同じように集めたものだ。(あの集めた大量のミニカーは、いったいどこに行ったのだろうか?)毎年やっているようなので、また来年も行ってみよう。

連休遊び三昧〜キャンプの巻

3〜4日、京都の大森リゾートキャンプ場へキャンプに行ってきた。積み込みを終えて、朝9時半頃自宅を出発。名神は京都の降り口が混んでるので阪神高速で守口まで行き、そこから1号線を走って京都まで。市内中心部まで順調に2時間ほどで到着。キャンプ場は13時からなので、簡単に昼食を「なか卯」でとる。そこから高尾を抜けて約1時間でキャンプ場へ到着。
ここまではほぼ予定通りであったのだが・・・。

それまでいい天気で暑いぐらいだったのだが、着いたとたんに雨shock。山でよくある通り雨だろうと、テントを張るのを待つことにしたが、結局2時間近く無駄にしてしまった。大急ぎでテントを張って夕食の準備にかかるが、やはりまだまだキャンプ初心者の私達はどうしても時間がかかってしまう。

テントとスクリーン・タープは、すんなりと30分ほどで張ることができた。去年初めてやった時は1時間以上かかってそれだけで疲れてしまったが、今回は楽勝smile。が食事の段取りが悪かった。炭をおこすところからだと、出来上がるまでに約2時間もかかってしまった。鶏肉のポトフはなかなかいいできだったが、時間がかかりすぎ。荒塩だけで味付けした牛肉のブロックを串刺しにし炭火で焼くシュラスコは、オリーブ・オイルにワインビネガーとトマト・タマネギで作ったドレッシングのようなタレで食べたのだが、焼きすぎでかたくなってしまったcoldsweats02。味はよかっただけに残念。まぁ、それもこれもいい思い出やけどsmile

そして今回はデザートにも挑戦!りんごを真ん中の芯の部分だけくりぬき、ダッチ・オーブンの中でワインに浸してグラニュー糖を大量にかけ、くりぬいた部分にシナモンスティックを突っ込んで香り付け。そのまま火にかけ待つこと30分・・・。これは大成功smile。りょうたもこれが一番気に入ったみたい。シナモンの香がきいて絶品であった。

_czg2eo4_s デザートを食べ終わった頃はすでに22時頃。期待していた星空も曇って全く見えず。気温もかなり下がってきたので、焚き火で少し温まることにした。(着いてから写真を撮る余裕など全然なく、唯一撮ったのがこの時の写真。しかもピントずれてるし・・・shock

というわけで、経験不足が露呈してしまった1泊2日であった。
また行こうっとsmile