フォトアルバム

最近のトラックバック

フォトアルバム

Powered by Six Apart

Band Feed

2009年7月11日 (土)

Old Love

テスト・・・

05_old_love.mp3をダウンロード

2008年7月22日 (火)

ドラムス決定!

前からの予定通り土曜日にHARD RAINのドラム加入希望者とスタジオで音合わせ。

それまでのメールでは詳しいことは聞いてなかったのだが、実際に会ってみてビックリ。なんとブランク20年ですと・・・。全く触ってなかったわけではないらしいが、バンド活動は皆無で手伝いで何度かやったことがあるぐらいとの事。大丈夫かいなと思いながら実際に音を出してみたら・・・。

いやぁ、ブランクを感じさせない叩きっぷりに驚いた。もちろん戸惑ってるようなところも見受けられたが、しばらく続ければ大丈夫そう。本人もやる気があるみたいなので、加入してもらうことにした。

前の二人のことがあるのでこの先どうなるかわからないが、うまくメンバーと馴染んで続くことを願ってやっていこう。

2008年7月 1日 (火)

やっと来た

先日の土曜日、1ヶ月遅れでライヴの打ち上げをやった。その時はまだドラムの応募がなく、しばらくアコースティックでやっていくことになって新曲も色々考えたりしていたのだが、今日になってやっと応募が来た。応募を始めて5ヶ月、やっとである。と言ってもまだ正式に決まったわけではないのでどうなるかわからないが。

とにかく一度スタジオで音合わせをしてからだが、いい人が来てくれることを祈る。
アコギもいいけど、やっぱり本音はエレキでやりたい。

2008年6月 7日 (土)

Modern kammrin Band 音源②

音声ファイルを聞く

セットリスト6曲目。できはまだまだだが、サックスの加入によってこの曲はずいぶんとよくなった。下手ながら所々スラップを入れている。

Modern kammrin Band 音源①

音声ファイルを聞く

先日のライヴはビデオ撮影に失敗したのだが、kammrin bandのメンバーの友人が録音をしてくれていて、音源だけ聴けるようになったので、恥ずかしながら公開します。個人的には一番ベースが複雑で難しかったセットリスト3曲目の曲。

2008年6月 2日 (月)

ジョイント・ライヴ終了!

Mnt6ae7w_s 5/31セラーでの3バンドのジョイント・ライヴが無事終了した。いやぁ、いつも掛け持ち出演は疲れるけど、今回は特に疲れた。やっぱり初めてベースでライヴをやるのがこたえたんかなぁ。昨日から左肩痛いし。まぁでも楽しかったからよかった

HARD RAINはトップで出演。ドラムレスの不安はそれほどでもなかったけど、アコギはやっぱりまだまだやなぁ。でも大好きな歌を思い切り歌えたのは気持ちよかった。特に「Ol'55」「Bell Bottom Blues」「Alison」は思い入れがあったので今までになく感情を込めて歌えたと思う。上手いかどうかは別にして自分では納得のいくヴォーカルだった。逆に今ひとつだったのがビートルズの2曲。シンプルやけど手ごわい曲だった。さすがビートルズ。今後の課題やな。

セット・リストは次の9曲。
Two of Us/THE BEATLES
Mother Nature's Son/THE BEATLES
Heart of Gold/NEIL YOUNG
Ol' 55/EAGLES(original:TOM WAITS)
Nobody Knows You When You're Down & Out/ERIC CLAPTON
Lonely Stranger/ERIC CLAPTON
Bell Bottom Blues/ERIC CLAPTON
Alison〜Suspisicious Minds/ELVIS COSTELLO
San Francisco Bay Blues/ERIC CLAPTON

Jy_6fpdq_s 2番目に友人のオールディーズ系のポップス・バンドが出演。そしてラストが嫁が作った新バンドでベース・デビュー。それにしてもミスやりまくった。まぁまだ始めて半年やし、こんなもんやろ。ハード・ロックからポップスまで幅広くやるこのバンドは音作りも難しく、その点も今後の課題。まだまだベースの勉強せんとあかんな。

セット・リストは次の7曲。
I Surrender/Rainbow
Blue Morning, Blue Day/Foreigner
Amanda/Boston
How Does It Feel To Be Back/Hall & Oates
Maneater/Hall & Oates
Movin' Out/Billy Joel
Since You Been Gone/Rainbow

というわけで楽しく終えることができたのだが、いつも撮っているビデオが今回はカメラの不調で全く撮れてなくって大ショック。ミスは多かったけど見るのを楽しみにしてたのに。まぁ次回はちゃんと撮ろう。それと簡単やけど新バンドのホーム・ページ作ったので、よければご覧ください。今後はこの2バンドでがんばっていきますsmile

2008年5月31日 (土)

明日、本番!

いよいよ明日となったセラーでのライヴ。しかもHRAD RAINとベースで参加の2バンド掛け持ち出演。今までも掛け持ちはやったことがあるが、いずれもギターでの参加だった。しかし今回は44歳にしてベース・デビューのライヴとの掛け持ちである。ベースを初めてわずか半年あまりでのライヴは無謀とも言えるが、そこは勢いでやってしまおうかなと考えているsmile

HARD RAINの方は3年振りのアコースティック。しかも今回はドラムレス。前回も書いたが非常に不安がつきまとう。ギター2本にベース、キーボードという編成でどこまでやれるだろうか?ここまでくればやるしかないけどね。選曲は完全にヴォーカル主体で選んだが、やはりアコースティックは普段弾きなれていないせいもあって難しい。ただ個人的にだが思い入れのある曲ばかりなので、できるだけ気持ちを込めて歌えたらいいなと思う。しかしトップで出演するので緊張するなぁ。

ところでセラーでのセッション・ライヴは、K.I.T.時代を含めて今回で3回目になる。2回とも演奏のできはともかくwink、とっても楽しいライヴだった。願わくば今回もそういうライヴにしたいものだ。もちろんできる限り納得のいく、いい演奏もしたいなと思う。

2008年5月26日 (月)

いよいよ今週末!

おとついの土曜日、HARD RAINと嫁のバンドの両方とも本番前の最後のスタジオ練習だった。いちおう指の方は見た目治ってるので最初指でベースを弾いてみたのだが、やっぱり痛い・・・。しかたなく3曲目からピックに切り替えた。残り5日で完全に治るか微妙なところ。今まで練習してきて自分としては指で弾くニュアンスの方が好きなので、レインボーなどハードロック系の曲はピックで、他のホール&オーツ、フォリナー、ビリー・ジョエルは指で弾こうと思っていたのだが、ちょっと難しいかも。無理をしてちゃんと弾けないよりはピックでもきっちり弾くほうがいいとは思うけど。
とにかく、ベースのデビュー・ライヴなのでがんばろう。

さて肝心のHARD RAIN。こちらの方がもっと微妙。て言うか演奏がかなり不安。ギターの方は弦が細いせいか、指の影響はあまりない。それよりも全体のできが今までにないほど不安なのだ。やはりドラムなしの影響は大きい。ただ今回はクラプトンだけにこだわらず、自分の大好きな歌を中心にやることにしたので、そういう意味で楽しんでやれたらいいなと思っている。

2008年5月19日 (月)

ライヴまで2週間切った

昨日アナザードリームへライヴを見に行ってきた。HARD RAINのベースが参加しているサークルのライヴ・イベント。他に今度のライヴに出演するバンドの何人かも出ていた。個人的にはベース・プレイで何か参考になればと思っていたが、スタイルが全然違う人ばかりであまり参考にはならなかったのが残念ではあった。しかし、このサークルのライヴを見るのは2度目だが楽しいライヴだった。4バンドほぼ3時間は見てる方も疲れたけどwink

Coo8ulxf さて次はいよいよ我々HARD RAINのライヴ(写真は3年前のアコースティック・ライヴ)。前回は初めてのアコースティックで非常に緊張した。歌詞を忘れたりミスは色々あったけどとっても楽しかった。今回は2度目のアコースティックだが、前回のようにパーカッションやドラムは一切なしという非常に難しい編成でやるのでどこまでやれるかという不安はある。しかし今までとはちょっと違った感じの曲をやる楽しみがあるし、いつもどおり、いや今まで以上に楽しいライヴにできたらいいなと思う。

2008年5月 5日 (月)

ライヴまで1ヶ月

突然のブログ復活ついでにライヴ告知wink

5/31(土)19:00からいつものアメ村・セラーでHARD RAIN主催の3バンド・ジョイント・ライヴをやります。出演はHARD RAINと、嫁が立ち上げて自分自身もベースで参加しているハード・ポップ系のバンド、それとHARD RAINのベースの彼女がやっているオールディーズのバンド。そうそう、嫁のバンドにはHARD RAINのもう一人のギターも助っ人という形だが参加している。まぁみんな身内みたいなもんですsmile

わがHARD RAINは去年のライヴ後今年になってすぐにドラムが脱退。結局3代目ドラマーは2ヶ月あまりの在籍という短命な結果になってしまった。まぁうまかったんやけど、なんか気が合わなかったというのが一番かな。ということで今回のライヴは久しぶりのアコースティックでやる。前回アコギでやったのが2005年8月やからほぼ3年ぶりか。次のドラムが決まるまでこの後もアコギでやることになるんやけど。

それはともかく、今回はいつもとちょっと違う。いちおう9曲やる予定やけど、クラプトンは4曲のみ。他にイーグルス、ビートルズ、ニール・ヤング、エルヴィス・コステロなど今までやったことのないタイプの曲もやる。個人的に好きな曲ばかり集めてみたのだが、クラプトン以外はポップな感じの曲が多く、新鮮な感じがして楽しい。それに最近新しいアコギを買ったのでそれも楽しみ。後日改めて紹介しよう思っているが、Breedloveというわりと新しいアメリカのブランドのエレアコ。前から持ってるYAMAHAも良かったんやけど、特に高音に特徴のあるヤマハ独特の音がどうもバンドでやっている曲に合わないような気がしてきて。なんか明るすぎると言えばいいかな。もっと深みのある音が欲しかった。詳しくはまたレポートしますsmile

それともうひとつ、いよいよ嫁のバンドでベース・デビューとなる。バンド自体も新たに結成したこともあるが、とにかく初めてのベースである。実は最初に買ったTUNEのベースでしばらく練習していたのだが、Lo-Dの出てくる曲があってどうしても5弦ベースが欲しくなり、結局新たに5弦を買ってしまった。これも詳しくは後日にするが、YAMAHAのTRB-1005というわりとオールマイティにいろんな音に対応できるアクティブ・ベース。まぁどちらかと言えばハイファイ系の音かな。重低音のロック系でないのは確か。とにかく最初5弦の幅広のネックには苦労したが今ではもうすっかり慣れたし、指弾きもそれなりにできるようになって、こっちも非常に楽しみ。

というわけで先月から両バンドのスタジオ入りで結構忙しい。
でもやっぱり楽しいわsmile